☆旭川ツアリズム☆旭川の最新観光情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭川の観光化

<<   作成日時 : 2008/07/16 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ここ2週間くらいの間に
二幸 本店」の紹介を受けて
旭川市にある飲食店の方々とお会いする
機会が多くありました。

共通して言えたのは
観光客が増えている」ことを
身をもってみなさん実感している、と言う事です。

旭川市街を歩いていると
結構地図やガイドブックを持って歩いている人達は
よく見かけるのですが、それは
私達の仕事柄

実際のところは旭山動物園にあんなに沢山
停まっているバスはどこへ行ってしまったの
と言う位、街中で「全国1位の旭山動物園
の感じは全くしません。

旭川には札幌・函館・小樽などの都市型観光地としての
未来があるのでしょうか?
旭川ツアリズムを開設にあたって
かなり考えさせられました。

道北エリアにある北海道第2の都市・旭川
周りは大自然に囲まれ…なのですが、飛びぬけて有名な
主要産業がこれと言ってありません。
それなのになぜ36万人の人々が
住み、暮らしていけるのかとても謎ですよね
今北海道限定通訳士の試験を控えて
旭川ツアリズムでも3人が受験勉強に一生懸命。
その中の歴史で
北海道開拓の中盤から軍都として栄えた旭川との
記載がありました。
今は道北の中心として、北海道第2の都市として
ある程度すべてのものがそろって、都市性もある旭川。
最近になって人口が少し減りましたが、
アバウトな人口としては
私が生まれた30年ちょっと前から、ずーっと変わらず
36万人前後を維持しています。
旭川はちょうどいいサイズの
住みやすい街なんでしょうね。

旭川には今のところ
全国区の有名観光施設は「旭山動物園」のみ。
でも地の利を生かした観光の拠点になりえます。
繁華街のさんろくには数え切れないほどの
飲食店が並び、
朝まで開いているラーメン屋、焼肉屋、居酒屋も沢山あります。

自然に囲まれ、アクセスのよさ、
ホテルの多さ、繁華街の大きさ…など
全て考えると、
本当に旭川は北海道観光に貢献出来るんです
それを毎日実際観光で来られた方々と接する飲食店関係の方の
お話はとても積極的で勉強になりました。

私達が今お手伝いできるのはメニューを英語・韓国語・中国語に直したり、
国内外の観光で来られた方に「旭川のオススメ」として
アドバイスをすること。
旭川でいいものを見て、食べて、楽しんで、体験して、
こんなにいい場所なんだ
と知って欲しい、と言う
ちょっとお国自慢をするのが
旭川ツアリズムの目的です

旭川ツアリズムのサイトこれからも頑張っていきます!



 ↑をクリックして旭川ツアリズムを応援してください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「旭川はなにもない」という地元民は結構多いですよね。最近は「旭山動物園以外、なんもない」に変ってきたみたいですけど。。。。。(笑)

東京中心、札幌中心のメディアのせいもあるでしょうけど、ほんと地元のこと知らないなーって、たまに苛立ちすら覚えます。

何も無い??

とんでもない!!

酒蔵が3つもあって、地ビールもあって酒蔵巡りツアーを一つの街でできるのは、道内は旭川だけ。

旭川家具をはじめ、木工クラフト、陶芸、優佳良織など工芸品の会社、工房、作家が多いのも旭川の特徴。

文学では三浦綾子、井上靖、詩の小熊秀雄、アイヌ神謡集の知里幸恵。

彫刻では中原悌二郎、砂澤ビッキ。

先日合唱劇も大反響を呼んだ、上川アイヌの功労者川村カ子ト。

最近はガーデニングブームで上野ファームも人気。

これらにまつわる多くのミュージアムも存在します。

動物園とラーメンに触れずに、これだけ触れられるんですよね。ほんとはまだまだありますけど。

ほんと、観光客の前に、地元民に知ってほしいって思います。

長々とすいませんでした。

まさみち
2008/07/24 14:33
本当に、勉強されられる事が
結構いっぱいありますよね。

私も以前は「本当に旭川は…」と
思っていました。旭川っ子の典型です。

自然の中でのガイドさんや
旭川大好きな方々は皆旭川以外出身
なんですよね!
旭川ツアリズム・みき
2008/07/24 15:16
旭川は、いいものが沢山ありながらアピールするものが絞れていないと思います。

個人的には、とても評判の良い就実の丘や、嵐山陶芸の里・神楽岡のプラタナス街道が、そぞろ歩きできるようないい観光ポイントになりうると思います。
北海道でも他の町に無いような場所ですし、道外にもこんな雰囲気の良い場所はありません。問題は、歩いて観光できるに至っていないところだと思います。これらの地区は、商店などが増えれば小樽運河や函館元町のような良いスポットになると思います。

現状では、酒とか織物とかをなんでも宣伝していたと思います。それよりも、観光客が好みそうなもの(北海道らしい場所・モノ)に重点を置いてアピールすべきでしょう。

食べ物も、ラーメン以外に旭川発祥の塩ホルモンとトントロ、そしてジンギスカンがあるのですから、ちょっと工夫すればいくらでも可能性はあると思います。
旭川は米や野菜の産地ですが、そういったものは作っている場所がいくらでもありますし、訴求力に欠けると思います。ですので現状ではなかなか厳しいと思います。
やぎ
2008/07/28 23:51
ご意見ありがとうございます。
本当にその通りですよね。
旭川って誇れるものが沢山ありながら、
それを簡単に見落としているというか、
気にかけていないというか…

やぎさん・まさみちさんの
ご意見が現状の旭川だと思います。

旭川人の中にも
旭川の可能性(観光だけでなく)を
信じている人は沢山いるのですが、
なかなか表に出てきてませんよね。
旭川ツアリズム・みき
2008/07/30 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

グレムデザイン



旭川市の観光ガイド



輸入子供服と
パーティーグッズ
旭川の観光化 ☆旭川ツアリズム☆旭川の最新観光情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる